糖尿病 高血圧  血糖 インスリン hbA1c 食事 症状 治療 予防 原因

0120-789-335
  • 文字サイズ変更
  • 大
  • 中
  • 小

糖尿病解決に近づくには
(糖尿病治療に必要な栄養素とは?)

植物の力が糖尿病解決に導く

糖尿病とは

糖尿病とは様々な要因で膵臓のインスリン分泌量が減ったり、インスリンやインスリン受容体の働きが弱くなることで本来細胞のエネルギーになるはずであったブドウ糖が血中に流れたままになり、血中の糖の濃度が高い状態(高血糖)が続く病気です。

インスリンの働きが悪くなる理由

インスリンとは

インスリンとは、膵臓から分泌されるホルモンで、血糖を下げる働きをする重要なホルモンです。 正しくは、膵臓のランゲルハンス島という組織にあるβ細胞で作られています。 食事により糖質をとると、消化されてブドウ糖になります。ブドウ糖は、細胞の栄養となるために血液中に流れて運ばれていきます。 血糖値が上がると、膵臓のランゲルハンス島β細胞がこの動きを察知し、インスリンを分泌します。 血液によって運ばれたブドウ糖が臓器にとどくと、インスリンのはたらきにより、細胞にブドウ糖がとりこまれ、エネルギーとして利用されます。インスリンは、血糖をエネルギーとして利用するためのホルモンであり、このはたらきにより血糖値を一定に保っています。 ところが、膵臓に疾患が起こるとインスリンの分泌が低下し、血糖コントロールができなくなります。

インスリンの働きが不足する原因

では、インスリンの働きが不足する原因には、どんなものがあるのでしょうか? 一つ目は、インスリンの分泌そのものが不足する「インスリン分泌障害」で、2つ目は「インスリン抵抗性」によるものです。インスリン抵抗性とは、肥満や過食、ストレスなどの生活習慣によって、インスリン受容体の働きを阻害されている状態を指します。 インスリンとインスリン受容体のどちらかに障害が起こると細胞がエネルギーを受け取れず、エネルギーになれなかったブドウ糖が血中にあふれることで高血糖の状態が続いてしまいます。

インスリン抵抗性を改善させる植物(ハーブ)とは こちらから検索できます 荷花掌 薬学

糖尿病と合併症

高血糖の状態を放置していると、血管や神経の損傷、さらには臓器に重大な影響を及ぼし、恐ろしい合併症を引き起こします。 糖尿病には、いわゆる初期症状・自覚症状はありません。自覚症状として手足のしびれや頻尿などの不快な症状が現れている場合は、すでに合併症が進行している可能性があります。 糖尿病の三大合併症を、次に紹介します。

糖尿病性神経障害

神経は、体中に張り巡らされていますが、高血糖状態がつづくことで神経に栄養素が行き渡らず、正常な働きができなくなります。この神経障害が進行すると、わずかな刺激でも激痛を感じたり、逆に全く刺激を感じなくなるなどの症状が現れ、その先には壊疽(えそ)で足を切断することになるかもしれません。

糖尿病性網膜症

眼球の内側を覆っている網膜の毛細血管が高血糖状態によって傷つき、出血や血栓が起きやすくなります。この網膜症が進行すると出血が起こった後に、網膜が眼底から剥がれる「網膜剥離」や突然視野の一部が暗くなったり、視力障害が起こります。特に黄斑部(視細胞が集まっている部分)に網膜剥離が起きると、失明する可能性もあります。

糖尿病性腎症

腎臓は、血液をろ過して、老廃物や余分な水分を尿として排泄する重要な働きをしています。高血糖の状態が長く続くと、腎臓内で排泄の役割を担っている糸球体の血液をろ過する機能が低下し、尿中にタンパクが出るようになります。これが糖尿病性腎症です。この状態を放置していると腎臓の働きが著しく低下して、腎不全となり、人工透析が必要になる場合があります。

インスリン抵抗性を改善させる植物(ハーブ)とは こちらから検索できます 荷花掌 薬学

糖尿病の治療法

糖尿病治療で重要なのは、高血糖状態が続くことによる合併症が発症することを防ぐことでもあります。 一度糖尿病と診断された場合は、通院して正しい指示を仰ぐことが大切です。 それでは、糖尿病の治療法を見ていきましょう。

食事療法

食事療法は、糖尿病治療の基礎となります。私たちは食事によって炭水化物や糖分を摂取し、エネルギー源となるブドウ糖を作り出します。糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きが低下したり不足することで、これらのブドウ糖をエネルギーとして変換できずに起こる病気です。 そのため、必要なエネルギー分を過不足なく摂取できるよう、食事のコントロールが必要になるのです。 食事療法を正しく行うには、カロリー計算をして1日の摂取エネルギーを適正に管理しなければなりません。また、自宅で調理する場合は、食材や栄養素の知識が必要となります。糖の吸収を緩やかにしたり、毛細血管を丈夫にする栄養素をサプリメントで補うのもよいでしょう。 食物繊維は糖の吸収を緩やかにし、さらにコレステロールを減らして脂肪の吸収を抑える働きもあります。海草や豆類、こんにゃくに多く含まれています。 最近では、東京都済生会中央病院や慈恵医大などで多くの臨床研究がおこなわれ、荷花掌(にかしょう)というハーブに血糖降下作用があることが判っています。荷花掌には、ほかにも次のような作用があることが明らかになっています。

・血糖値を下げる
・肌に潤いを与え、消炎作用があるので、歯周病や皮膚炎に効果がある
・多糖類が多く含まれており、免疫力を高め、ガンなどを予防する
・脂肪の燃焼作用があるので、ダイエット効果がある
・滋養強壮効果がある
・老化を防止する作用がある
・活性酸素除去作用がある
・糖質、タンパク質、食物繊維、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、クロムの他、多くのミネラル類を含んでいる。

この多機能性から、荷花掌については糖尿病治療に限らず今後さらに研究が進むものと考えられます。 普段の食事で血糖値がコントロールできているか不安な方は、サプリメントとしてとりいれてみてはいかがでしょうか?

インスリン抵抗性を改善させる植物(ハーブ)とは こちらから検索できます 荷花掌 薬学

運動療法

運動することによって、糖を筋肉細胞に送り込むグルコーストランスポーターと呼ばれる糖輸送体の働きが活発になり、インスリンをそれほど必要とせずに糖をエネルギーに換えることができます。そのため、血糖値のコントロールに役立ちます。 具体的な運動方法としては、時間と場所を選ばず1人でできるという点で、ウォーキングが勧められます。ウォーキングなどの有酸素運動は、少し汗ばむ程度のスピードで、できれば20分以上続けるようにしましょう。 運動は、習慣づけて取り組むことが何より大切です。挑戦してみたものの、続けることが面倒になったり、外を歩くことがなんとなく気恥ずかしくなってやめてしまった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか? 運動を楽しく続けるコツは、張り切り過ぎないことです。また、普段から脂肪を燃焼しやすい体づくりに取り組んでおくと、効果があらわれやすく、運動を続ける意欲も湧きやすくなります。 サラシアというハーブは、食事から摂った糖質をブドウ糖に変換する消化酵素に対する抑制作用を持ち、糖類を吸収させにくくする働きを持ちます。このため余分なブドウ糖を作り出すのを防ぎ、運動の効率を高めることができます。さらに、合併症を発生させてしまうアルドース還元酵素の抑制作用もあり、合併症の予防も期待できます。 また、肥満予防作用や肝臓保護作用、抗酸化作用、胃粘膜保護作用が認められており、糖尿病治療中の体調をサポートします。 せっかく運動するならば、血糖コントロール以外のメリットも上手く利用していきたいですね。楽しく続けて、健康な体づくりを目指しましょう。

薬物療法

日本人の糖尿病患者の9割以上を占めるのが2型糖尿病ですが、食事と運動療法が基本となります。それでも不十分な場合は薬物療法が必要になります。 薬物療法には飲み薬とインスリン注射の2種類があります。飲み薬には、インスリンの効きを良くするものや、体内でインスリンの分泌を促したりするものがあります。 飲み薬(経口薬) 経口薬の使用が最も適した患者は、2型糖尿病で食事療法と運動療法を守っていても、血糖コントロールが改善しない人です。またインスリン療法より経口薬療法の患者が多いのは、血糖値がそれほど高くない場合には経口薬療法だけでも治療効果があり、注射に比べると患者の抵抗感が少ないからです。

インスリン注射

インスリン療法は、糖尿病のタイプや病状によって、治療の内容が異なります。インスリンを直接補給するインスリン療法は、作用の強さやその効果をとらえやすく、血糖管理がしやすいです。経口薬が効かない2型糖尿病の患者さんがインスリン療法に変えると、コントロールが良くなります。どのインスリン製剤を用いて、どの程度の量をいつ注射するかなどは、主治医と相談して決めます。 薬物治療は、インスリンを直接補給したり、インスリンの働きを促すものがありますが、植物にも、人間の体内でインスリンと同じ働きをするものがあります。 バナバ(オオバナサルスベリ:Lagerstroemia spesiosa)に含まれるコロソリン酸がインスリンと同じようにブドウ糖を細胞内に速やかに吸収させる作用があり、この働きからバナバは「植物性インスリン」と呼ばれています。 フィリピンで1千年以上前から、その葉を煎じて飲むと、糖尿病や便秘、皮膚病に効果があるとされ『女王でも手の届かないお茶』とも呼ばれるほど珍重されてきました。 なんともわずらわしい薬物療法も、もし血糖コントロールがうまくいきだしたなら、薬が減ったり薬物療法自体が必要なくなる可能性もあります。諦めないためにも、自分の体はしっかりとケアしていきたいですね。

人工透析

腎臓は、血液をろ過して、老廃物や余分な水分を尿として排泄する重要な働きをしていますが、高血糖の状態が長く続くと、糸球体にも大量の糖が流れ込んで、異常が起こり、毛細血管の血流が悪くなります。また、毛細血管の壁も厚くなって、フィルターの目が粗くなったような状態になります。すると血液をろ過する機能が低下し、尿中にタンパクが出るようになります。これが糖尿病性腎症です。この状態を放置していると腎臓の働きが著しく低下するため、腎臓の働きにかわる透析療法が必要になることがあります。 腎臓の負担を減らすためには、糖質を多く含むお菓子やお酒を控えることはもちろんですが、そのほかに食後の急な血糖値の上昇を防ぐことも重要です。 ギムネマ(Gymnema) はインドの伝承医学「アーユルヴェーダ」で2千年以上も前から糖尿病に使用されてきました。この葉を噛んだ後は砂糖をなめても、まったく甘さを感じなくなるという不思議な植物です。この作用からも判るとおり、有効成分「ギムネマ酸」に小腸からの糖の吸収を遅らせるため、腎臓の負担を減らします。 糖尿病性腎症は、一度発症してしまうと大変恐ろしい合併症です。そうならないためには、やはり日頃のケアが何より大切ですね。

インスリン抵抗性を改善させる植物(ハーブ)とは こちらから検索できます 荷花掌 薬学

併発する恐れのある病気

高血糖を放置すると恐ろしい合併症を引き起こすことがわかっていただけましたでしょうか? 糖尿病は、過食や飲酒、運動不足などの生活習慣によってインスリンが不足したり、働きが弱くなる病気ですが、これらの生活習慣は、糖尿病だけでなく、次のような病気にもつながる恐れがあります。

高血圧

高血圧とは、血管に流れる血液の量が多くなったり、血管が狭くなり血液の流れが悪くなることによって、血管に異常な圧がかかる病気です。高血圧自体は症状を感じることはありませんが、放置すると動脈硬化の原因となり、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす可能性があります。

脳卒中

脳卒中は、脳血管障害のことを指します。脳血管障害は、動脈硬化や血栓によって引き起こされ、代表的なものには、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血があります。

心臓病

心臓病の中でも、生活習慣が原因となる虚血性心疾患には、狭心症や心筋梗塞があります。 これらは、心臓を動かす心筋に栄養を贈るための冠動脈に十分な血液が送られないことで起こります。 狭心症は比較的軽度で、すぐにおさまることが多いですが、心筋梗塞は心筋の部分の組織が壊死するため、激しい痛みを伴い、死に至るケースも少なくありません。

脂質異常症

脂質異常症とは、血液中に含まれる脂質が過剰、もしくは不足している状態を指します。 脂質異常を起こすと動脈硬化になりやすく、心疾患や脳血管疾患の原因となります。

さらに、糖尿病を含むこれらの病気は密接な関係にあります。たとえば、心臓病の人は、高血糖状態にあると虚血性心疾患にかかりやすくなります。心筋梗塞や狭心症はこの虚血性心疾患に分類されており、虚血性心疾患による死亡数は、年間で7万7千人にのぼります。そのほか、高血圧や高血糖、脂質異常が原因で起こる脳卒中での死亡数は12万3千人にのぼります。 (参考資料/平成23年(2011)人口動態統計(確定数)の概況:死因簡単分類別にみた性別死亡数・死亡率)

では、これらの病気を防ぐにはどうすればよいのでしょうか? 具体的な対策をあげてみましょう。

1.血糖値を下げる

小腸のブドウ糖吸収抑制(食物繊維)
糖質代謝の円滑化(ビタミンB1)
膵臓の強化(タンパク質)

2.血圧を下げる

活性酸素の除去(ミネラル、βカロチン)
血栓予防(食物繊維)
毛細血管強化(ビタミンE)

3.中性脂肪・コレステロールを下げる

抗酸化(ポリフェノール、ビタミンC)
抑制(ナイアシン・葉緑素)

4.肥満を解消する

便秘解消(食物繊維)
脂肪燃焼(タンニン)
脂肪分解(ポリフェノール)

これらの対策として、栄養素を必要十分にとることで、身体を強化し、万病の元になる糖尿病を予防できます。 サラサラの血液でまんべんなく体内に栄養を送り届けるためには、様々な方向から正しいケアをおこなうことが必要なんですね。

インスリン抵抗性を改善させる植物(ハーブ)とは こちらから検索できます 荷花掌 薬学

ハーブの紹介

糖尿病の恐ろしさは、ご理解いただけたでしょうか?ではここで、各項目で紹介したハーブについておさらいしてみましょう。

荷花掌

荷花掌

学名:燕子掌(えんししょう)
分類:青鎖龍属 紅景天科
効能:
・血糖値を下げる効果がある。
・肌に潤いを与え、消炎作用があるので、歯周病や皮膚炎を治す。
・多糖類が多く含まれており、免疫力を高め、ガンなどを予防する。
・脂肪の燃焼作用があるので、ダイエット効果がある。
・滋養強壮効果がある。
・老化を防止する作用がある。
・活性酸素除去作用がある
。 ・糖質、タンパク質、食物繊維、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、クロムの他、多くのミネラル類を含んでいる。

サラシア

サラシア

学名:Salacia reticulata、Salacia oblonga、Salacia chinensis
分類:サラシア属
効能:
・ブドウ糖を作り出す消化酵素に対する抑制作用
・合併症を発生させるアルドース還元酵素の抑制
・肥満予防作用
・肝臓保護作用
・抗酸化作用
・胃粘膜保護作用

バナバ

バナバ

学名:Lagerstroemia speciosa
分類:ミソハギ科 サルスベリ属
効能:
・コロソリン酸がブドウ糖を細胞内に速やかに吸収させる
・便秘
・皮膚病

ギムネマ

ギムネマ

学名:Gymnema sylvestre
分類:ガガイモ科ホウライアオカズラ属
効能:
・有効成分「ギムネマ酸」が小腸からの糖の吸収を遅らせる

糖尿病の症状がすでに出ていて改善したい方や合併症が不安な方、薬物治療は避けたいという方にとっては、普段の治療に合わせて利用できるうえ、自然成分なので安心ですね。 血糖値が高いとお悩みの方も、また、改善のための時間がなかなか取れない方も、できることから始めてみましょう。

インスリン抵抗性を改善させる植物(ハーブ)とは こちらから検索できます 荷花掌 薬学

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

FAXでのお問い合わせ
  • FAXでのお問い合わせの際は、以下の下記項目をご明記ください。
  • ・お客様氏名
  • ・電話番号
  • ・FAX番号
  • ・お問い合わせ内容

メールでのお問い合わせ
メール送信ページヘ

メールマガジン登録
糖尿病がよく分かるメールマガジン配信中
メールマガジンにご登録いただくと糖尿病解決に役立つ情報をお届けします。

詳しくはこちら

パンフレット請求
パンフレット請求
糖尿病解決のためのパンフレットを無料でお届けいたします。
パンフレット請求