糖尿病 高血圧  血糖 インスリン hbA1c 食事 症状 治療 予防 原因

0120-789-335
  • 文字サイズ変更
  • 大
  • 中
  • 小

糖尿病ってどんな病気?

糖尿病とは、膵臓でつくられる「インスリン」というホルモンの働きが不足して血液中の糖(ブドウ糖)の濃度が常に高い状態が継続する病気です。

糖尿病ってどんな病気?

通常インスリンによってブドウ糖はエネルギーに変換され、細胞の中に取りこまれるのですが、「肥満」や「ストレス」などでインスリンが不足するとブドウ糖をエネルギーに変換できず、血中にあふれてしまい「高血糖」の状態になります。

この高血糖の状態がずっと続くことで、本来細胞に取りこまれる栄養の不足や血管自体の損傷が原因の様々な「合併症」を全身に引き起こす恐ろしい病気でもあります。

「糖尿病を放っておいたら白内障になり失明した」「手足が腐って切断」「一生、人工透析を続けることになった」という話を聞いたことはありませんか?これらは糖尿病による合併症が重度になってしまったことが原因です。

初期の糖尿病はハッキリとした症状が無いため、合併症があらわれてからではすでに発症から数年が経過しています。この時点で対策をとらないと症状がさらに進み、前述のような悲惨な結果になってしまいます。 ストレスや栄養バランスの悪い食事、運動不足になりやすい現代社会では糖尿病になってしまうきっかけになる危険因子が多く潜んでいます。 あらかじめ知識をつけ、血糖値をうまくコントロールする方法を身につけましょう。

糖尿病の種類

糖尿病には種類があり、インスリンの分泌の有無で分類されています。

  

1型糖尿病(別名:インスリン依存型糖尿病、IDDM、若年性糖尿病)

生まれつき、もしくは何らかの原因で膵臓の大半が死滅し、 インスリンが欠乏している糖尿病

膵臓のインスリンを作る細胞が壊れてしまい分泌が出来ないことが原因で糖代謝が異常をきたしておこる糖尿病です。 治療にはインスリンの投与が必須で、日本人の糖尿病患者の5%しかいません。

  

2型糖尿病(別名:インスリン非依存型糖尿病、NIDDM)

体の細胞のインスリンに対する感受性が低下してしまったり、インスリンの分泌量自体が減ってしまった事が原因の糖尿病

日本人の糖尿病患者の95%に当てはまり一般に「生活習慣病」と言われるものがこのタイプです。 肥満、過度のストレス、暴飲暴食、運動不足などが原因で、誰でも発症する可能性があり、また、必ずしもインスリンの投与が必要ではありませんが抗血糖剤等の薬物療法を続けることでの副 作用の心配や体からインスリンが分泌されなくなってしまい、1型糖尿病に移行する場合があります。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

FAXでのお問い合わせ
  • FAXでのお問い合わせの際は、以下の下記項目をご明記ください。
  • ・お客様氏名
  • ・電話番号
  • ・FAX番号
  • ・お問い合わせ内容

メールでのお問い合わせ
メール送信ページヘ

メールマガジン登録
糖尿病がよく分かるメールマガジン配信中
メールマガジンにご登録いただくと糖尿病解決に役立つ情報をお届けします。

詳しくはこちら

パンフレット請求
パンフレット請求
糖尿病解決のためのパンフレットを無料でお届けいたします。
パンフレット請求