糖尿病 高血圧  血糖 インスリン hbA1c 食事 症状 治療 予防 原因

0120-789-335
  • 文字サイズ変更
  • 大
  • 中
  • 小

症状

糖尿病の初期症状

糖尿病とは様々な要因で膵(すい)臓のインスリン分泌量が減ったり、体自体がインスリンに耐性がついてしまうことで、血中のブドウ糖をエネルギーとして細胞にとりこめず、血中の糖の濃度が高い状態(高血糖)が続く病気です。

病中の症状

血液中に糖が増えることで尿のニオイが強くなったり、体の様々な場所に自分でもわかる症状が現れてきます。初期では判明しにくい糖尿病の自覚症状が出始めたころには「症状が進んで合併症が起きている」と認識して下さい。ここからさらに放置してしまうと「命に関わる可能性」が出てきます。以下の内容を良く見て自分に当てはまるものがあれば対策をとりましょう。

  

糖尿病が引き起こす合併症

糖尿病が引き起こす合併症

神経障害

血糖値が高い状態が続き神経障害がおきます。また、血流も悪くなり神経細胞へ栄養が届かなくなることで手足やその他臓器に異常がおきます。

  

症状

・手足にシビレやヒリヒリ感、ピリッと感じる灼熱感を感じる。
(痛みは夜にひどいことが多く、温度変化で悪化することがある)
・素足でも足の裏に紙を貼ったような感覚がある。
・目をつぶり、その場足踏みすると移動してしまう。(歩行不安定、起立不安定)
・細かな作業(針仕事/小銭をたぐる)が以前のようにできなくなる。
・単一の動作を繰り返していて、急に力が入らなくなったことがある。
・けがややけどの痛みに気づかない
・筋肉がつる(こわばる)
・筋力減退(腰痛・肩こり等)
・力コブなどが、以前より柔らかく(スカスカに)なったように感じる。
・胃腸の調子が悪い
・汗の異常
・立ちくらみ
・インポテンス
・排便・排尿の異常
・尿が細くなったり、便秘がちになる。
・排便や排尿が、限界になるまで気付かない。

血管障害 (細小血管障害 )

血管内部の壁が厚くなり血管自体が狭くなったり、詰まってしまい血が流れなくります、また血管がもろくなるので破れやすくなったりなどの異常も見られます。

  

網膜症

網膜(フィルム)に出血や血栓ができ、その上を毛細血管が覆うため像を映せなくなる。重篤になると「失明」する。

糖尿病が引き起こす合併症   

症状

・以前より明るさに弱く(まぶしく感じられる)なる。
・視界が歪んで見えたことがある。
・視野がピンク色に感じたことがある。
・視野の一部分に欠落が見られたことがある。

  

腎(じん)症

尿を作る糸球体が硬化し、体内の毒素をろ過しきれなくなったり体に必要な物を排出してしまう病気です。ゆっくりと悪化し、ほとんど自覚症状が無く重篤になると「人工透析」が必要となります。

  

症状

・夜間多尿症。
・尿毒から疲労感が増し、注意力が衰える。
・むくみが起きる。
・尿が細くなる。(高血圧を併発)
・筋肉の痙攣
・尿のニオイが強くなる
・のどが異常に渇く(異常に高くなった血糖値を水分で下げようとするため)

動脈硬化症(糖尿の早期から始まる)

血管の内側が硬くなり、血管が細くなってしまうことで血流が悪くなります。

  

高血圧

重篤になると全ての病気(合併症)の進行が加速する。 特に脳卒中、動脈瘤、心不全、心臓発作(心筋梗塞)、腎障害などが急速に悪化する。 時には高血圧から脳膨張を起こし、眠気や昏睡を発生する。この場合は緊急治療が必要。

  

症状

・頭痛
・鼻出血
・めまい
・顔面紅潮
・疲労
・悪心
・嘔吐
・息切れ
・不安
・目のカスミ

脂質異常症

中性脂肪やコレステロールが血中に異常に多くなる病気です。

  

高脂血症

重篤になるとアテローム動脈硬化(血管の内側が石灰化する)を起こすことがある。

  

症状

・自覚症状は無いが、皮膚が油っぽく感じることもある。
・コレステロールや中性脂肪の値が極めて高い場合は皮膚や腱の部分に小結節(グリグリ)ができる時がある。

心筋梗塞

ブドウ糖によって心臓の血管が狭くなったり、目詰まりして血液と酸素の供給が悪くなり、心臓が壊死してしまう病気です。

  

症状(心筋梗塞の発作中)

・発汗
・不安
・死が迫っている恐怖を感じる。
・唇や手足が僅かに青ざめる。

  

前駆症状(病気の起こる前兆として現れる症状)

心筋梗塞が起きる数カ月前から数日前に...
・間欠的な胸痛や息切れ
・疲労感がある
・胸痛が運動直後に頻繁に起こり(不安定狭心症)心筋梗塞に至る場合も多い。
・胸の中央部の痛み(背中やアゴ、腕に広がる場合や稀に腹部で感じる場合もある)
・気が遠くなる感じ
・動機が激しくなる
・不整脈がある

脳梗塞(=脳卒中)

脳の血管が硬くなり、脂肪物質やカルシウム(アテローム)などが目詰まりして一部分の血流が止まり酸素の供給なども阻止され、脳細胞が壊死することで起きる病気です。

  

前駆症状(病気の起こる前兆として現れる症状)

・耳たぶにシワが出る。
・頭が片側の肩に付かなくなる。

  

重度な前駆症状(一過性脳虚血発作)

・片側の腕や足の感覚低下や異常。
・片側の腕や足の脱力やマヒ。
・視力や聴力の部分的な喪失。
・モノが二重に見える。
・言葉が不明りょうになる。
・適切な言葉を用いて考え事ができない。
・適切な言葉を発することができない。
・カラダの一部分の認識不能。
・異常な行動。
・失禁。
・平衡感覚がなくなって転ぶ。
・失神。

これらの症状は一時的に現れるが消えてしまう(改善される)場合があります。 しかし、これらの発作から30%は脳卒中につながることが多く これらの症状が出てから1年以内に脳卒中になることも多いと言われています。

白内障

水晶体(レンズ)にが白くにごり、見た目にも白くなる病気です。 誰でもなる老化現象の一つですが、糖尿病患者の場合 発症が早まったり進行が加速することが多く、重篤になると「失明」してしまいます。

白内障   

症状

・明るい電燈の下で何かを読もうとするとかえって煩わしく感じる。
・光の回りに輪が見える。
・光の反射が見える。
・光の散乱が見える。

  

抵抗力の低下

体の抵抗力が落ち、健康な人なら発症しないさまざまな感染症にかかってしまいます。以下に抵抗力の低下に伴い発症する可能性がある物を記載します。

壊疽(えそ)

水虫など通常重篤でない感染症でも早期に広がる。手足が腐敗し切断する。

壊疽(えそ)

肺炎

抵抗力が弱いために、ただのカゼから肺炎になる。高齢者では死亡につながる。

肺結核

健康な人ではありえないほど微量な結核菌でも、結核になる。 他の合併症を併発していると、薬(抗生物質)が満足に使えないこともある。 糖尿では治りにくいため、一生を結核病棟に隔離されて過ごす。

膀胱炎/腎盂炎

細菌への抵抗力が弱いために通常は尿によって流され出る細菌が尿道から逆 に上がって感染する。・悪寒、発熱、左右どちらかの腰の痛み、吐き気、ムカ ツキなどから突然始まる。腰の激しい痛み。何回か繰り替えし、慢性化すると腎不全となる。

歯槽のう漏

口中の殺菌能力が弱いため、雑菌が繁殖しやすく歯槽のう漏となる。歯を全て失う。

皮膚の感染症

抵抗力が弱いため、ありとあらゆる細菌に感染する。

また、会社の健康診断の血液検査などで異常値が現れたことで糖尿病が発覚する場合もあります。 検査を受けた結果で不審な点があれば確認をするようにしましょう。

定期健診で特に注意すべき内容

  

血糖値(糖尿病の場合)=FBS

・空腹時126mg/dl以上(健常者108mg/dl以下)
・随意 200mg/dl以上(健常者150mg/dl以下)
※糖尿病だからといって、常に空腹時血糖が126mg/dl以上とは限りません。
特に薬を投与されてからは、バラツキが多くなり空腹時と食後の差が大きくなります。

  

ヘモグロビンA1c=HbA1c 6.5%以上(NGSP※値)

正式にはグリコヘモグロビンA1cと言います。 糖化したヘモグロビンの割合で過去1ケ月間の血糖値の状態が分かり、 6.5%を超えると急速に合併症が進行する可能性が高くなります。 5.9%以下を正常という医師もいます。(健常者=5.6%以下) およその目安として血糖値30mg/dl≒1%に相当します。 ※日本糖尿病学会では、2012年4月1日よりHbA1cの表記を日常の診療において 国際標準値(NGSP値)を使用することになりました。

隠れ糖尿病

定期健診で空腹時の血糖値が正常でも 食事の2時間後の血糖値が高くなる「食後高血糖」の反応がある人を 「隠れ糖尿病」と言います。2型糖尿病の人や糖尿病になりつつある人に 良くみられる症状で、見落とすと糖尿病を進行させてしまいます。 定期健診で異常が見られなくても、気になる場合は医師に相談しましょう。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

FAXでのお問い合わせ
  • FAXでのお問い合わせの際は、以下の下記項目をご明記ください。
  • ・お客様氏名
  • ・電話番号
  • ・FAX番号
  • ・お問い合わせ内容

メールでのお問い合わせ
メール送信ページヘ

メールマガジン登録
糖尿病がよく分かるメールマガジン配信中
メールマガジンにご登録いただくと糖尿病解決に役立つ情報をお届けします。

詳しくはこちら

パンフレット請求
パンフレット請求
糖尿病解決のためのパンフレットを無料でお届けいたします。
パンフレット請求