糖尿病 高血圧  血糖 インスリン hbA1c 食事 症状 治療 予防 原因

0120-789-335
  • 文字サイズ変更
  • 大
  • 中
  • 小

糖尿病の検査

検査を受けたい

糖尿病の検査をしたい場合、糖尿病の検査薬というものはなく尿糖の検査紙というものはあるのですが、これは糖尿病と診断がついている人が、尿糖の具合を見るために使うものなので糖尿病であるかどうかの判断はつきません。 そのため検査をする場合は、内科や内分泌科を受診します。検査費用は保険の対象です。 検査では採血、採尿を行います。 糖尿病と判明したら、検査をした病院に通院する場合が多いので糖尿病外来や糖尿病専門医がいる病院での検査をお勧めします。

検査を受けたい

尿検査

尿糖検査は尿の中にどれくらいブドウ糖が排泄されているかを見ます。 血液中のブドウ糖は多過ぎると尿に排泄されますから、尿を検査することで血糖の状態が分かります。 ブドウ糖は体にとって大切な栄養分ですので、健康な人は尿に糖が出ません。 しかし、糖尿病だと血液中に使われないブドウ糖が多くなり、その分が尿糖として排泄されます。 尿糖は通常、血糖値が約170mg/dL 以上にならないと検出されません。 糖尿病の人でも空腹時には170 mg/dL 未満になっていることがあり、とくに高齢者の場合は腎機能の低下で、170mg/dL よりさらに高くなっても尿糖が出ないこともあります。 尿糖が出ていないことだけで、糖尿病ではない、血糖コントロールが上手くいっている、などの判断には注意しましょう。また血糖はいつも正常値でも尿糖が認められる人がいますが、このような状態を腎性糖尿といいます。腎性糖尿は生まれつき尿細管の糖再吸収能力が低く、血糖が低くても尿中に糖がでてしまいます。

検査方法

糖尿病だからといって、必ずしも、尿糖が出るとは限りません。 糖尿病が疑われるのであれば、尿糖検査の他に血液検査が必要です。

  

血糖検査

血糖値は血糖レベルの瞬間値。

  

HbA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー)検査

過去1~2カ月の血糖コントロール指標。

  

グリコアルブミン検査

過去1~2週間の血糖コントロール指標。

  

1,5-AG検査

過去数日間の血糖コントロールの指標。

糖尿病の治療は、血糖値の管理がすべての基本で最も重要ですので、 血糖コントロール状態をより正確に把握しましょう。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

FAXでのお問い合わせ
  • FAXでのお問い合わせの際は、以下の下記項目をご明記ください。
  • ・お客様氏名
  • ・電話番号
  • ・FAX番号
  • ・お問い合わせ内容

メールでのお問い合わせ
メール送信ページヘ

メールマガジン登録
糖尿病がよく分かるメールマガジン配信中
メールマガジンにご登録いただくと糖尿病解決に役立つ情報をお届けします。

詳しくはこちら

パンフレット請求
パンフレット請求
糖尿病解決のためのパンフレットを無料でお届けいたします。
パンフレット請求