糖尿病 高血圧  血糖 インスリン hbA1c 食事 症状 治療 予防 原因

0120-789-335
  • 文字サイズ変更
  • 大
  • 中
  • 小

糖尿病になる原因

一度なると完治は難しいと言われる「糖尿病」。できるなら避けたい病気です。 そのためには糖尿病になる原因を知る必要があります。 糖尿病になる原因とはいったい何なのでしょうか?

糖尿病とは様々な要因で膵(すい)臓のインスリン分泌量が減ったり、体自体がインスリンに耐性がついてしまうことで、血中のブドウ糖をエネルギーとして細胞にとりこめず、血中の糖の濃度が高い状態(高血糖)が続く病気です。

血中にブドウ糖があふれると、血管が傷ついたり詰まってしまい、それが引き金で「白内障」や「手足のしびれ」等の合併症がおきます。

糖尿病になる要因としては以下の物があげられます
・食べ過ぎ
・ストレス
・遺伝
・飲み過ぎ
・妊娠

それでは1つずつ詳細を見てみましょう

食べ過ぎ

糖尿病になる原因

食物をとると体内で「ブドウ糖」がつくられるのですが、このブドウ糖の量が過剰になると血糖値が上がり、膵臓から血糖値を下げるためインスリンが分泌されます。 ブドウ糖の過剰生産とインスリンの大量分泌が続くことで膵臓の機能低下やインスリン自体が効きにくくなり、糖尿病へとつながります。

ストレス

ストレスを感じると体から血糖値を上げるホルモンが分泌され、血糖値を下げるためインスリンも分泌されるようになります。 ストレスが長期に渡ったり、ストレスから逃げるため過食に走ることで高血糖の状態が続くと、体がインスリンに耐性を持ってしまい、血糖値が下がりにくくなり糖尿病に至ります。

遺伝

糖尿病は原因となる「危険因子」が組み合わさって起きる病気で家族に糖尿病の人がいる場合、食べ過ぎやストレスに陥ってしまった時、糖尿病を発症する確率が上がるので、糖尿病体質が遺伝していない人よりも生活の注意がより必要になります。

飲み過ぎ

飲酒は膵臓・脳に負担をかけ、体がインスリンに対して耐性を持ってしまったり、食欲が抑えられず肥満に陥ることで、体に脂肪が付きインスリンの効きが悪くなり糖尿病を発症する場合があります。

妊娠

今まで糖尿病の兆候が無かったのに妊娠をきっかけに糖尿病を発症する場合があります。 妊娠中は体内にインスリンの効き目を弱くするホルモンが胎盤から分泌されるため血糖値が上がりやすい状況になっており、注意が必要です。 出産後に血糖値が元の状態に戻る場合もありますが、そのまま糖尿病の治療を続けなければならない可能性があります。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

FAXでのお問い合わせ
  • FAXでのお問い合わせの際は、以下の下記項目をご明記ください。
  • ・お客様氏名
  • ・電話番号
  • ・FAX番号
  • ・お問い合わせ内容

メールでのお問い合わせ
メール送信ページヘ

メールマガジン登録
糖尿病がよく分かるメールマガジン配信中
メールマガジンにご登録いただくと糖尿病解決に役立つ情報をお届けします。

詳しくはこちら

パンフレット請求
パンフレット請求
糖尿病解決のためのパンフレットを無料でお届けいたします。
パンフレット請求