糖尿病 高血圧  血糖 インスリン hbA1c 食事 症状 治療 予防 原因

0120-789-335
  • 文字サイズ変更
  • 大
  • 中
  • 小

Q&A

Q&A 糖尿病 食事

糖尿病の食事について

糖尿病の食事について、「偏食や間食をしない」などコツや気を付けるべきことはありますか?

外食や加工食品を利用する機会が多い方は偏食になりやすいので、なるべくやめるようにしたり、料理ができないという方には宅配食を上手に利用して栄養・食生活を改善するのがおすすめです。 間食は食事療法がうまくいかなくなったり、血糖コントロールを乱したりと、弊害が多く、また患者さんによっては、間食をやめるべき方もいらっしゃいますので間食する場合はきちんと医療スタッフと検討し判断を行ってください。もしなかなか間食がやめれない場合などは間食を飲み物(ノンシュガーの紅茶やカフェオレ)だけにして満足感を与えたり、1日の指示エネルギー量の中から、食事量を控えたり、摂取品目を置き換えたり等の工夫を医療スタッフと検討して下さい。

糖尿病の家族向けの食事を作りたいのですが、どのようなことに気を付ければよいでしょうか?

日本糖尿病学会編「食品交換表」を使うことをおすすめします。この表は料理の食材の量を決めて料理を作るシステムです。血糖値の上がり過ぎをおさえ、正常な状態に変えていくためには、1日に必要なエネルギー量を正確に知って、それ以上の余分なエネルギー量をとらないようにすることが重要です。1日に必要なエネルギー量は、年齢、性、身長、体重、活動量などを考慮して医師が総合的に決めたものを使用します。6つの表から満遍なく食材をとれば、30以上の食品がとれて理想的な食事となります。

糖尿病患者のための料理を作るとき、食材や料理のレシピなどでおすすめのものはありますか?

減塩を心がけ味料は控えめにしましょう。濃い味付けだと、ご飯が進み、食べ過ぎてしまうことが多いからです。また、醤油などの調味料は、直接かけず、小皿にとってつけるように気をつけましょう。和食の場合は、だしの旨味をきかせることで、塩味が控えめでも満足しやすくなります。レモンやゆず、すだち、かぼすを添えてアクセントにするのも味わいに変化が生まれてよいでしょう。他にも肉や魚は、網焼きにしたり、茹でたりすると、脂肪が抜けてエネルギー量を抑えることができます。とくに肉や卵の場合は少ない油と弱火でじっくりと焼くか、煮たりするなどして、焦げ目がつく調理法を控えましょう。肉や卵を焼いた時にできる焦げ目は、AGF(終末糖化産物)といい、心血管疾患のリスクを高めることがわかっています。

糖尿病になった場合やはり天ぷらなどの揚げ物は身体に悪いのでしょうか?

総菜として売られている揚げ物の中に、1食で1日の脂質量の摂取目安に達している商品が多く、衣が調理油を吸収しているので、一度に炭水化物と脂質の両方をたっぷり食べてしまうことになります。また油(脂質)がハイカロリーであるために、過食・肥満の原因になりやすいので注意して使うことが大切です。そうした食べ物は利用をひかえめにしないと脂肪の摂り過ぎになるおそれがありますのでなるべく衣をとって食べるなどの工夫をしてください。

糖尿病患者でも、たくさん食べても大丈夫な食材はありますか?

こんにゃくやもずくなどは、食物繊維が多い食材は積極的に食事に取り入れると、糖尿病やメタボリックシンドロームの予防・改善に役立つと言われています。他にも豆腐などは低炭水化物で低カロリーです。原料となる大豆は、畑の肉といわれるように、良質な蛋白質の供給源としており、それ以外にもビタミンB、ビタミンE、カルシウム、食物繊維なども含まれています。 また野菜ではトマトに含まれるリコピンは脂溶性なので、油とともに摂取すると吸収性が高まるのでおすすめな食材です。

糖尿病の食事療法として糖質を制限した食事と玄米菜食ではどちらの方が効果がありますか?

「糖質制限食」は血糖値の上昇とインスリンの分泌を抑える食事法で、極端に制限すると逆に体を壊してしまう可能性があり専門家の指導が必要です。 「玄米菜食」は雑穀や野菜に含まれる食物繊維が糖の吸収を緩やかにしてくれるので効果的と言えますが、やはりこちらも極端になると体調が心配です。 食事療法は自分に必要なカロリーを知り、栄養バランスのとれた食事することが大切です。 なので自己判断で偏った食事法を摂ることは絶対に避けてください。

糖尿病に効果のある食べ物を教えて下さい

残念ながら、食べると糖尿病がよくなるといった食べ物はありません。しかし、治療中の食事体験を豊かにしたり、身体の基本機能を健康に保つために取り入れられる食材はありますのでご紹介します。 こんにゃく…カロリーが低くタンパク質、ミネラルなどが含まれています。 海藻…食物繊維や亜鉛、クロムなどインスリンをつくる成分が豊富に含まれています。 豆類…食物繊維が豊富で、繊維は、炭水化物の吸収を遅らせるため血糖値急上昇を防ぎます。 ナッツ類(松の実、くるみ)…抗酸化作用があり血中のコレステロールを低下させる働きがあります。ただし、脂肪分も含まれるため、食べ過ぎには注意しましょう。

糖尿病患者用の食事でインスリンの分泌を促すような食材はありますか?

残念ながら食べただけでインスリンの分泌を促す食材はありません。 しかし、食物繊維を多く含む食材を摂ると糖質の吸収を遅らせることができるので 血糖値の急激な上昇を防ぐことは可能です。

糖尿病になった場合、食べてはいけない食材はありますか?

糖尿病の食事療法では食べてはいけない食品はなく、量の制限はありますが、なるべくいろいろな食品を食べるようにしましょう。タンパク質についても、量が多くならないように工夫しながら、肉、魚、大豆食品、卵、乳製品をまんべんなく食べましょう。そして、肉を摂る時は飽和脂肪酸が多くならないように注意します。なるべく赤身を選び、脂身が多いときは食べる量を減らすようにしましょう。また甘いものが糖質で構成されている食品は、血糖、特に食後高血糖を招きますので要注意してください。

飲み物

糖尿病患者が飲んでも大丈夫な飲み物はお茶しか無いのでしょうか?

清涼飲料水や缶コーヒーは糖質がたっぷり入っていますのでおすすめしません。清涼飲料水はお菓子と違い、脂質を含まないのでブドウ糖の吸収速度が速く、ストレートに血糖値を上昇させてしまいます。最近では、カロリー調整された飲料が増えてきていますので、どうしても飲みたいのなら、そういったものをまずは活用してみましょう。でもなるべくはお茶や水を飲むようにしていくことが大切です。

糖尿病の治療中です、薬と一緒に飲んではいけない飲み物はありますか?

糖尿病の合併症からくる血栓予防のために服用する「ワーファリン」という薬を飲んでいる場合は注意が必要です。ビタミンKをたくさん摂取するとワーファリンの効果が低下することから、この治療を受けている方はビタミンKを多く含む納豆、青汁、クロレラなどの食物・飲み物は食べてはいけません。投薬や透析などの治療を受けている方は、医師の判断を仰いでから、利用をしてください。

初期症状

糖尿病の初期症状にはどんなものがありますか?判断基準を教えて下さい。

糖尿病には以下の症状があります。自覚症状が増えるほど糖尿病の進行が進んでいると考えられますので、症状が悪くなってしまう前に病院へ相談に行ってください。
・目…見にくい、目がかすむ、まぶしい
・歯…口が臭う
・胃腸…吐き気、食欲が異常、食事がまずい、腹部膨満感、ゲップが多い、オナラが多い
・脳…失神する、熱・のぼせ、めまい・立ちくらみ
・皮膚…皮膚がたるむ・老ける、ニキビ・吹き出物・肌荒れ、顔・身体が油っぽい
・鼻喉…咳・鼻水が多い、ノドが乾く
・心臓…動悸・息切れ、腹・胸部の痛み
・性…膀胱・泌尿器が痛い、睾丸が痛い、インポテンス、オリモノなどが多い
・腰肩…腰痛・肩コリ、神経痛
・手足…手足のシビレ、手足のふるえ

糖尿病になるとどんな症状が現れるのでしょうか?

神経障害、眼球の網膜に出血する網膜症、腎臓の機能が低下する腎症の三つが起こりやすく、これを三大合併症と呼んでいます。三大合併症以外にも、動脈硬化やそれによる狭心症、心筋梗塞、脳卒中も糖尿病の合併症です。また、感染症にかかりやすくなったり、骨折しやすくなったりもします。

糖尿病と診断される症状や定義を詳しく教えて下さい。

糖尿病とされる血糖値の診断基準値には以下のようなものがあります。
・随時血糖値が200mg/dL以上
・空腹時血糖値が126mg/dL以上
・75g ブドウ糖負荷試験※で2時間値が200mg/dL以上
・HbA1cが6.5%以上
※75g ブドウ糖負荷試験とは、75gのブドウ糖を水に溶かして飲み、30分、1時間と時間を追って血糖値を測定する検査です。

糖尿病になる一歩手前の症状ってありますか?

糖尿病とされる血糖値の診断基準値には以下のようなものがあります。
糖尿病の症状は気付きにくく、多少血糖値が高いくらいでは全く症状のない人がほとんどです。高血糖がひどくなると初めて、のどが渇く、トイレが近くなる、トイレの回数が多い、だるい、疲れやすい、物覚えが悪い、集中しない、眠い、体がかゆい、できものができやすい、傷が治りにくい、足がつる、お腹がすく、食べてもやせる、といった症状が現れてきます。

糖尿病の方は尿から甘い臭いがすると聞きますが本当ですか?

糖尿病の尿は、代謝機能のトラブルから甘いにおいを放ちます。お酒を飲んだ後など、一時的にこのようなにおいがすることもあります。尿に異常があればなにかしら体に異常が起きている可能性が高いと言えるのですが、注意してなければいけないのは、尿に異常がみられないからといって体に異常が起きていないと保証はできないので、ぜひ早めに検査を受けるようにしてください。

喉が渇いたり、尿が泡立つ場合糖尿病の可能性はありますか?

喉が渇くことは糖尿病の初期症状の1つとしてあります。また尿が泡立っていて、その泡が消えないで泡になったままの場合は、尿蛋白が高い事が考えられます。腎臓がうまく働かずたんぱくが出ている可能性があります。糖尿病がかなりすすんでいる場合もあわが消えにくい事がありますのでぜひ早めに検査を受けるようにしてください。

糖尿病の症状に「喉の渇き」があると聞きました、予備軍ではなく既に糖尿病になっているのでしょうか?

糖尿病の症状は気付きにくく、多少血糖値が高いくらいでは全く症状のない人がほとんどです。しかし、高血糖がひどくなると初めて、のどが渇く、おしっこが多い、トイレが近い、体がだるい、疲れやすい、食べてもやせる、といった症状が現れます。持続するようならば、検査を受けるようにしてください。

糖尿病が原因の血行障害は症状が改善すれば回復しますか?

糖尿病が原因の神経障害は、末梢神経が侵されたために手足のしびれ、痛み、冷えなどの自覚症状がごく初期の段階からあらわれてきます。神経障害は、血糖コントロールが悪い人に出てくる合併症ですので早めに検査をしてください。またきちんと血糖コントロールをしながら、神経障害を悪化させる酒、たばこはやめるようにし、健康的な生活を心がけましょう。

糖尿病患者になると足がつると聞きますが、なぜ足がつりやすくなるのか教えて下さい。

高血糖が続くと、体内の余分なブドウ糖のために、神経細胞の中にソルビトールという物質が蓄積され、また細い血管の血流が悪くなり、神経細胞が必要としている酸素や栄養が行きわたらなくなることから神経障害は起こります。神経障害は、末梢神経におこりやすいので足がつるなどの症状がでます。他にも手足のしびれ、痛み、冷えなどの症状があります。

糖尿病の検査について

糖尿病の検査薬はどんなところで売っていますか?ドラッグストアでも買えますか?

糖尿病の検査をしたい場合、糖尿病の検査薬というものはなく尿糖の検査紙というものはあるのですが、これは糖尿病と診断がついている人が、尿糖の具合を見るために使うものなので糖尿病であるかどうかの判断はつきません。 また、もし糖尿病であった場合には、早急な治療を開始する必要があります。そのため、糖尿病かどうかの判断をしたい場合は、病院で検査を受けることをおすすめします。

糖尿病の検査は何科で受けられますか?また費用や保険がきくかどうかも教えて下さい。

糖尿病の検査をする場合は、内科や内分泌科を受診します。検査費用は保険の対象です。 検査では採血、採尿を行います。糖尿病と判明したら、検査をした病院に通院する場合が多いので糖尿病外来や糖尿病専門医がいる病院での検査をおすすめします。

糖尿病の検査は何科で受けられますか?また費用や保険がきくかどうかも教えて下さい。

糖尿病の検査をする場合は、内科や内分泌科を受診します。検査費用は保険の対象です。 検査では採血、採尿を行います。糖尿病と判明したら、検査をした病院に通院する場合が多いので糖尿病外来や糖尿病専門医がいる病院での検査をおすすめします。

糖尿病は尿検査を受けることでわかりますか?

尿糖検査は尿の中にどれくらいブドウ糖が排泄されているかを見ます。血液中のブドウ糖は多過ぎると尿に排泄されますから、尿を検査することで血糖の状態が分かります。ブドウ糖は体にとって大切な栄養分ですので、健康な人は尿に糖が出ません。しかし、糖尿病だと血液中に使われないブドウ糖が多くなり、その分が尿糖として排泄されます。尿糖は通常、糖尿病初期では検出されない場合もあるので、血液検査で血糖値を計測してください。

糖尿病の尿検査を受ける時、尿を1日溜めるのはなぜでしょうか?

一日に尿から排出される糖、タンパク、および腎機能を正確に調べるために24時間分の尿から下記のような検査をします。
・尿中C-ペプチド検査
・1日尿糖検査
・尿たんぱく検査

尿検査の結果「尿中Cペプチドの数値が2回とも7以下、抗GAD抗体が陽性」でした。これは1型糖尿病ということでしょうか?

尿中Cペプチド検査とは、膵臓のインスリンの分泌量の測定をする検査です。尿中Cペプチドという物質の量がどれぐらいかを計測します。尿中Cペプチドの排泄量の基準値は24~97μg/日で尿検査の数値が2回とも7µg/日は基準値以下ですので、インスリン分泌能力がない状態だと思われます。抗GAD抗体は、インスリンを出しているすい臓のβ細胞を自ら攻撃している抗体で、1型糖尿病の原因の1つの自己免疫反応をおこします。そのため、1型糖尿病の診断をする重要な検査です。この抗体検査で抗GAD抗体が、陽性という判定も出ていますので1型糖尿病だと思われます。

尿検査を受けても糖尿病の反応が出ない場合はありますか?

尿糖は通常、血糖値が約170mg/dL 以上にならないと検出されません。糖尿病の人でも空腹時には170 mg/dL 未満になっていることがあり、とくに高齢者の場合は腎機能の低下で、170mg/dL よりさらに高くなっても尿糖が出ないこともあります。尿糖が出ていないことだけで、糖尿病ではない、血糖コントロールが上手くいっている、などの判断には注意しましょ う。また血糖はいつも正常値でも尿糖が認められる人がいますが、このような状態を腎性糖尿といいます。腎性糖尿は生まれつき尿細管の糖再吸収能力が低く、血糖が低くても尿中に糖がでてしまいます。

糖尿病の検査とはどのようなものなのでしょう?方法など詳しく教えて下さい。

糖尿病だからといって、必ずしも、尿糖が出るとは限りません。糖尿病が疑われるのであれば、尿糖検査の他に血液検査が必要です。
◎血糖検査
血糖値は血糖レベルの瞬間値。
◎HbA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー)検査
過去1~2カ月の血糖コントロール指標。
◎グリコアルブミン検査
過去1~2週間の血糖コントロール指標。
◎1,5-AG検査
過去数日間の血糖コントロールの指標。

糖尿病の治療法について

糖尿病は治療をすれば治りますか?それとも完治はしないのでしょうか?

糖尿病を完治させる方法はなく、生涯付き合わなければなりません。 しかし、治療を受けることで完治に近い状態にはできます。

糖尿病と診断されました。独身なので食事制限や運動がなかなかできず、もう完治は無理ですか?

現在、糖尿病は根本的な治療方法がまだ確立されておらず、完治が難しいと言われています。 しかし、少しずつでも食事や運動を行うことで完治に近い状態になることは可能ですので 諦めす、できる範囲で改善するようにしてみてください。

糖尿病の発症が早期にわかれば完治させることはできますか?もし放っておくとどうなりますか?

糖尿病は根本的な治療方法がまだ確立されておらず、早期に発見しても完治は難しいです。 また、治療をしないままだと、網膜症、腎臓病などの合併症を引き起こすことになります。

糖尿病の治療はどんな事をするんですか?具体的に教えて下さい。

糖尿病の治療には以下の3つがあります。
・食事療法
食事により血糖値を調節します。
・運動療法
運動によって、糖を筋肉細胞に送り込む糖輸送体を活性化させ、糖をエネルギーに換えることで血糖値のコントロールを行います。
・薬物療法
食事療法と運動療法で不十分な場合飲み薬やインスリン注射で補います。

糖尿病の治療は運動や食事療法しか無いのですか?もっと根本的な治療はできないのでしょうか?

1型糖尿病は先天的な問題のため、完治は難しいと言われています。 2型糖尿病はやり方次第で完治状態まで持っていくことは可能ですが、まだ根本的な治療法は 見つかっていません。

ステロイドを使うと副作用で糖尿病になりますか?また糖尿病になると治らないのでしょうか?

ステロイドの使用で糖尿病になる可能性はあります。 また、ステロイドの利用をやめることで糖尿病が改善する場合としない場合があります。 ステロイドの利用をやめても糖尿病が続く場合、もともと糖尿病の危険因子を持っていたと考えられます。

糖尿病について

糖尿病とはどんな病気なんでしょうか?

糖尿病とは膵臓でつくられる「インスリン」というホルモンの働きが不足して 血液中の糖(ブドウ糖)の濃度が常に高い状態が継続する病気です。

糖尿病になる仕組みを教えてください。

通常インスリンによってエネルギーに変換されるはずのブドウ糖が、 「肥満」や「ストレス」などでインスリンが不足してしまい、ブドウ糖をエネルギーに変換できず、 血中にあふれた「高血糖」の状態になります。この高血糖の状態がずっと続く病気が糖尿病です。

血糖値が高い状態全てを「糖尿病」というのですか?

糖尿病は血液中の糖の濃度が慢性的に高くなる病気です。 しかし、糖尿病であるかの判断は、血糖値を測らなければ分かりません。

甘いものが好きな人は糖尿病になりやすいですか?

甘いものを食べ過ぎていれば糖尿病の可能性は上がりますので注意が必要です。 しかし「甘いものをとらなければ糖尿病にならない」というわけではありません。 お酒の飲み過ぎや食べ過ぎの傾向がある場合は発症のリスクがあります。

「1型糖尿病」と「2型糖尿病」それぞれの特徴を教えて下さい

「1型糖尿病」は生まれつき、もしくは何らかの原因で膵臓の大半が死滅し、インスリンが欠乏している糖尿病です。 膵臓のインスリンを作る細胞が壊れてしまい分泌が出来ないことが原因で糖代謝が異常をきたしておこる糖尿病です。 治療にはインスリンの投与が必須で、日本人の糖尿病患者の5%しかいません。 「2型糖尿病」は体の細胞のインスリンに対する感受性が低下してしまったり、 インスリンの分泌量自体が減ってしまった事が原因の糖尿病です。 日本人の糖尿病患者の95%に当てはまり、一般に「生活習慣病」と言われるものがこのタイプです。

1型糖尿病と2型糖尿病の判別はどのように行われるのでしょうか?

1型糖尿病と2型糖尿病はインスリンの分泌の有無で分類されています。 生まれつき、もしくは何らかの原因で膵臓の大半が死滅し、インスリンが欠乏しているのが 「1型糖尿病」で、体の細胞のインスリンに対する感受性が低下してしまったり、インスリンの分泌量自体が減ってしまったのが「2型糖尿病」と言われています。

合併症のリスクが高いのは1型糖尿病と2型糖尿病のどちらですか?

合併症のリスクは1型糖尿病の方や2型糖尿病の方でも変わりません。合併症の発症や進行を予防するために運動療法や食事療法、薬物療法などで血糖値を正常にコントロールすることが重要です。

血糖値について

血糖値が200以上あり糖尿病と診断されました。改善のために何かできることはありますか?

糖尿病の治療は、合併症の発症や進行を予防するための血糖コントロールがすべての基本となります。血糖コントロールは、まだ病気の進行が早いうちなら食事療法と運動療法ですが進行したら薬物療法が必要になってきます。初めて糖尿病の治療を始めるときは、糖尿病とはどんな病気かを正しく理解するために、入院して体験学習する所もあります。糖尿病の知識を学ぶだけでなく、食事療法のためのエネルギーの計算の仕方や、バランスのとれた食事メニューの作り方が学べますのでおすすめです。

食後1時間後に受けた検査で血糖値が168あり再検査を勧められました。糖尿病の可能性はありますか?

糖尿病とされる血糖値の診断基準値には以下のようなものがありますが素人判断はせずに、必ず病院で再検査は受けて下さい。
◆糖尿病とされる血糖値の診断基準値
(1) 随時血糖値が200mg/dL以上
(2) 空腹時血糖値が126mg/dL以上
(3) 75g ブドウ糖負荷試験※で2時間値が200mg/dL以上
(4) HbA1cが6.5%以上
※75g ブドウ糖負荷試験とは、75gのブドウ糖を水に溶かして飲み、30分、1時間と時間を追って血糖値を測定する検査。

糖尿病と診断される血糖値数はいくらからですか?

糖尿病とされる血糖値の診断基準値には 随時血糖値が200mg/dL以上、空腹時血糖値が126mg/dL以上、75gブドウ糖負荷試験で2時間値が200mg/dL以上、HbA1cが6.5%以上などがあります。詳しく知りたい場合は病院での検査をお勧めします。

血液検査でヘモグロビンA1Cが8%という結果が出ました。これは糖尿病だといえますか?

糖尿病とされる血糖値の診断基準値にHbA1c(ヘモグロビンA1C)が6.5%以上とありますので糖尿病を発症している可能性があります。専門医を受診して見ることをおすすめします。

低血糖が起きた場合、糖尿病を発症しているのでしょうか?糖尿病以外でも低血糖になりますか?

糖尿病は、インスリンの量や作用が不足して、高血糖状態が続く病気です。この高血糖を治すのが糖尿病の治療です。それには血糖を下げる飲み薬やインスリンを使うことが多く、これが効き過ぎて血糖が下がり過ぎるのが低血糖です。糖尿病以外で心配なら一度、病院での検査をお勧めします。

低血糖になった場合の対処方法を教えて下さい

低血糖の症状があらわれたら、まずブドウ糖(なければ砂糖)を口にしましょう。ブドウ糖を10~15gを摂り安静にします。15分ほど経っても回復しない場合は、さらにブドウ糖を同量追加してください。砂糖では回復が遅れることもありますので、ブドウ糖を身に付けておきましょう。ブドウ糖は病院でもらえますし、市販もされています。もし昏睡を起こしてしまって意識がない場合はすぐに病院へ行かないといけませんので、できるだけ周りの人には糖尿病で昏睡を起こすかもしれないことを知っていてもらいましょう。

人工透析について

腎臓移植をすれば糖尿病が治り、透析を受けずにすみますか?

糖尿病は膵臓が原因の病気なので腎移植で完治はしません。 しかし、移植が成功すれば腎機能が回復するので透析を受けないようにすることは可能です。

人工透析を受けている糖尿病患者の寿命はどれくらいですか?

2型糖尿病の増加に伴って糖尿病が原因で透析療法を受ける糖尿病性腎症が、最近どんどん増えてきています。しかも、糖尿病で透析を受けている人のその後の経過は、ほかの病気で透析を受けている人に比べると、必ずしもよくなく糖尿病性腎症の透析患者の平均寿命は5年生存率で50%と言われています。早期から適切な治療を開始する事は極めて重要になります。

合併症とほかの病気について

糖尿病が原因で緑内障になるメカニズムを教えて下さい。

糖尿病患者特有の緑内障は「血管新生緑内障」と呼ばれています。糖尿病性網膜症が起こり、血管が詰まっているところや破れたところに新しく血管が作られます。この血管が眼圧を調整する部位に出来た場合、眼圧の調節がうまくできなくなり、眼圧が高くなってしまいます。視神経が圧迫されて視力が低下すると、失明の原因になりますので、早期治療が必要です。

糖尿病には「三大合併症」というものがあるそうですが、どういったものなのでしょうか?

糖尿病の三大合併症は「糖尿病性神経障害」と「糖尿病性網膜症」「糖尿病性腎症」です。
これらは、糖尿病患者が高血糖を長い年月放置している間におこり、それぞれ次のような特徴があります。
・糖尿病性神経障害
はじめは、手足のしびれや、痛みがあり進行するにつれ、自律神経系の障害も併発し、発汗障害、膀胱障害などを発症。さらに重症化するると、足の壊疽を起こす。
・糖尿病性網膜症
目の網膜の細い血管が高血糖によりもろくなったり、破れて出血したりする。
状態が進行してしまうと、最悪失明する。
・糖尿病性腎症
血液を浄化し尿を作る腎臓の働きが低下。進行すると尿毒症になり、人工透析を受けないと生命を維持できなくなる。

糖尿病患者が痛風になることはありますか?痛風の人が糖尿病になることもあるのでしょうか?

糖尿から痛風のケースとその逆のケース、両方とも起こりうると考えられます 遺伝的に尿酸値が高くなりやすい体質の人が、過食や暴飲、運動不足、それによる肥満、ストレスなど尿酸値の上がりやすい生活習慣を送っていると「高尿酸血症」になり痛風を引き起こす場合があります。また、尿酸値が上がりやすい生活は糖尿病を引き起こす原因とも共通し、両方の病気を併発しやすいと言えます。

アルツハイマーになる原因に糖尿病が考えられますか?

生活習慣病が脳血管障害性認知症だけではなくアルツハイマー病の発症に関係しており、 特に糖尿病でインスリンの分泌が低下するとアルツハイマー病の発症のリスクが高まることが判明してきています。糖尿病の方は定期的に認知機能のテストを受けチェックをしましょう。

糖尿病性網膜症は高血糖で血管に負担がかかる事が原因ですが、そのメカニズムを教えて下さい。

「糖尿病性網膜症」は目の網膜の細い血管が高血糖によりもろくなったり、破れて出血を起す病気です。状態が進行してしまうと、最悪の場合は失明に至ります。

カンジダ症の診察を受けた際、糖尿病ではないかと聞かれました。糖尿病患者はカンジダ症になりやすいのでしょうか?

血糖が高い状態にあると、白血球の働きを弱めてしまい、その殺菌力を弱くします。 そのため、糖尿病患者は感染症になりやすくなってしまいます。 かぜ、肺炎、気管支炎、結核、白癬症、カンジダ症、膀胱炎、腎盂炎、歯周病、虫歯など 様々な感染症にかかる可能性が高まるので注意しましょう。

糖尿病の予防について

甘いものが好きなので糖尿病が心配です。糖尿病を予防できる食材はありますか?

魚を中心とし、食物繊維を摂ることで糖尿病のリスクを抑えることが可能です。 予防に最適な食材をただ摂ればいいというわけではなく、 甘いものを良く食べる場合、糖質オフやゼロのお菓子を選んだり、 食べた分夕食の内容を調節したり、カロリーコントロールは必須となります。

糖尿病の予防につながる食べ物があれば教えて下さい。

糖尿病の予防方法としては脂肪を避けて、食物繊維を多く摂りましょう。 食物繊維が多く含まれる食材には野菜や雑穀、海藻、豆、キノコ等が該当します。 また、魚を中心とした食事を摂るようにすると糖尿病発症の確率が減少すると考えられています。 食事のバランスに気を付けながらこれらの食材を取り入れてみてください。

10代・男性です。週3回ほど甘いものを食べますが糖尿病が心配です。何か予防法はありますか?

自分が一日どのくらいカロリー消費をできているかを見直して、同じ甘いものでもカロリーが低く作られた物を選んだり、その日の摂取カロリーを計算してどのくらいのカロリーのお菓子なら 食べても大丈夫かなど、カロリーコントロールを意識しながら生活することが1番です。 また、できるなら軽い運動を毎日行うようにしましょう。

糖尿病の予防方法にはどのようなものがありますか?

日本の糖尿病患者の約95%は、2型糖尿病です。2型糖尿病は、糖尿病は過食、運動不足、ストレス、お酒の飲み過ぎ、肥満などに誘発されやすいです。生活習慣を改善することで、予防できますので日頃の行動を意識し、これ以上悪化しないよう心がけましょう。
・太り過ぎないよう肥満に注意する
・体を動かす
・ストレスや疲れをためない
・健康診断を欠かさずに受ける

糖尿病と運動について

※注意書き
(運動療法は、症状や合併症、持病によっておこなってはいけない場合があります。運動療法が必要であるかどうか、主治医の指示を仰いで下さい。)

糖尿病患者は一日どれくらい運動をおこなえばいいのでしょうか?

糖尿病の進行度合や発症している合併症によっては運動が逆効果になる場合があるので 一率にどのくらい運動すればよい、という基準はありません。 治療を受けている医師に相談されることをおすすめします。

糖尿病予防の運動として室内でできる効果的なものはありますか?

「踏み台昇降」や「その場で足踏み」等の『有酸素運動』がエネルギーの消費にはおすすめです。 もし可能ならば基礎代謝を上げるため『有酸素運動』と『筋トレ』を交互に行うメニューを考えてみてください。

糖尿病の運動療法は有酸素運動と一緒に筋力トレーニングを行った方が良いですか?

摂取したエネルギーを消費するために有酸素運動が推奨されますが、 筋トレで筋肉量を増やすと「基礎代謝」として消費されるエネルギー量が増えます。

普段運動をしない糖尿病患者がスポーツをする際に注意することはありますか?

まず、医師と相談を行ってください。 症状によっては低血糖、高血糖の悪化、また、眼底出血や網膜症、心血管系障害などの 糖尿病の合併症が悪化する恐れがありますので注意が必要です。 医師と相談し、自分に適切な運動量を把握することから始めましょう。

糖尿病になりやすい体質について

糖尿病になりやすい体質の人の特徴とはどんなものがありますか?

糖尿病を発症しやすい人の特徴には以下の物があります。
・家族に糖尿病患者がいる
・妊娠中である
・肥満
・暴飲暴食をする
・ストレスを強く感じやすい
・運動不足

糖尿病は太った人がなるイメージがありますが痩せている人でもなる場合はありますか?

1型糖尿病は免疫の異常によって発病し、インスリンの分泌がなくなってしまうタイプの糖尿病です。日本人の糖尿病患者の5%しかいません。2型糖尿病は、遺伝的な体質に生活習慣による発病するタイプで日本人の糖尿病患者の95%に当てはまります。妊娠糖尿病は妊娠中に発見された糖尿病で、新生児に合併症が出ることもあります。2型糖尿病は太っている人が多いですが、それ以外の糖尿病は痩せている人が多いです。

身長160cm、体重は90kg台です。糖尿病になる可能性はどのくらいですか?

メタボリックシンドロームの診断基準はウエストが男性85cm以上、女性90cm以上またはBMI25以上などがあります。健康診断などでメタボリックシンドロームと診断されたら、境界型糖尿病の可能性が高いと考え、積極的に生活を変えていく必要があります。特に注意しましょう。

肥満を解消したら糖尿病が改善したと良く聞きます。そのまま完治させる事はできないのですか?

肥満が原因の糖尿病は「生活習慣病」にあてはまり、生活習慣病の原因となる加齢や遺伝的な問題などは治療できませんので完治は難しいでしょう。しかし肥満を解消することで、健康な人と同じ状態で過ごすことはできます。

糖尿病と保険について

糖尿病は普通の保険に入れないと聞きましたが本当ですか?

保険商品はニーズに応じて細分化されていく傾向にあるとともに、糖尿病患者やその予備軍の人口増加や生活習慣病についての医療の進歩、関心の高まりなどもあり、加入できる商品の選択肢は増えつつあります。

糖尿病も入れる保険はありますか?また保険に加入する必要性は本当にあるのでしょうか?

糖尿病でも加入できる保険の種類としては
◎引受基準緩和型保険
◎無選択型保険
◎糖尿病有病者向け少額短期保険
等があります。
一般の保険に比べて少々割高であったり、加入条件や保障内容に制約がついていることが多く、資料を見て、保険商品の内容が自分自身に必要なものなのかどうか慎重に検討してから判断をしてください。

糖尿病と保険について

「糖尿病連携手帳」はどうしたらもらえますか?

糖尿病連携手帳は自己管理するための手帳です。
・自分の個人情報や、病院・主治医を記入するページ
・食事療法の指示カロリー(食品交換表の単位数)を記入するページ
・毎月の血液検査(血糖・HbA1c・コレステロール・中性脂肪・GOT・GPT)の結果を記入するページなどがあります。
主治医に渡されると思いますが渡されない場合は、日本糖尿病協会が発行していますので問い合わせてみましょう。

「糖尿病連携手帳」を自分で管理している人、主治医に預けている人の割合はどちらが多いのでしょうか?

主治医が預けている割合は少ないと思われます。なぜかというと、糖尿病の患者さんは、低血糖や極端な高血糖になると意識を失ってしまい、自分が糖尿病であることを人に伝えられない状態になる可能性があります。また、万が一、事故や災害に遭った場合にも、医師や救護の方に自分が糖尿病であることを伝えなくてはなりません。こうした非常事態に備えて、糖尿病連携手帳を常に持ち歩くことが勧められます。

小児糖尿病について

小児糖尿病の症状はどのようなものがあるか教えて下さい

発病して数日から数週間のうちに高血糖症状が現れます。喉が渇いて飲み物を何度も欲しがったり、トイレに頻繁に行ったり、疲れてゴロゴロしているといった症状も見られます。 また、急にやせてきたり、著しい高血糖のために昏睡に陥ることもあります。

最近の子供の糖尿病は1型糖尿病・2型糖尿病のどちらが多いのでしょうか?

1型糖尿病は免疫の異常によって発病し、インスリンの分泌がなくなってしまうタイプの糖尿病です。1年間に10万人あたり1~2人の発病があります。2型糖尿病は、遺伝的な体質に生活習慣による発病するタイプです。日本の小学生では2型糖尿病に比べて1型糖尿病のほうが多いですが、中学生になると2型糖尿病の比率がずっと高くなります。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

FAXでのお問い合わせ
  • FAXでのお問い合わせの際は、以下の下記項目をご明記ください。
  • ・お客様氏名
  • ・電話番号
  • ・FAX番号
  • ・お問い合わせ内容

メールでのお問い合わせ
メール送信ページヘ

メールマガジン登録
糖尿病がよく分かるメールマガジン配信中
メールマガジンにご登録いただくと糖尿病解決に役立つ情報をお届けします。

詳しくはこちら

パンフレット請求
パンフレット請求
糖尿病解決のためのパンフレットを無料でお届けいたします。
パンフレット請求