糖尿病 高血圧  血糖 インスリン hbA1c 食事 症状 治療 予防 原因

0120-789-335
  • 文字サイズ変更
  • 大
  • 中
  • 小

糖尿病になりやすい人

「糖尿病になりやすい体質」とはいったいどんなことを指すのでしょう? 糖尿病予防のためにも知っておいて損ではない情報です。 「とりあえず太らなければいい」など簡単に考えていませんか? 糖尿病の発症には様々な要因があります。 1つはクリアできていても、もう1つがクリアできていなければ 糖尿病予備軍から抜け出すことはできません。 ここでは糖尿病になりやすい体質をご紹介します。

遺伝

家族に糖尿病の患者がいる場合、自分も「糖尿病になりやすい体質」を 受け継いでいる可能性があります。 「糖尿病」そのものを受け継いでいる訳ではないのですが、 食生活などの「環境因子」が合わさることで糖尿病を発症してしまう 可能性が体質を受け継いでいない人より高くなります。

妊娠

妊娠した際に胎盤からインスリンの作用に抵抗するホルモンが分泌され 一時的に高血糖状態になることがあります。この時に血糖の管理ができていないと、 出産後も血糖値が正常に戻らず、そのまま糖尿病を発症してしまう事があります。

加齢

老化による体の各機能の衰えが原因となり糖尿病を発症するケースです。 ブドウ糖をエネルギーに変えるインスリンを分泌する力が低下したり、 ブドウ糖自体があまり消費されず、血中にブドウ糖が余ってしまい 高血糖の状態になります。

肥満

肥満

肥満になると体内の脂肪が増え、インスリンの作用に対して 体の反応が低下してしまい「高血糖状態」となってしまいます。 特に「ビール腹」や「リンゴ型」と言われる上半身が太っている状態の人は 注意が必要です。

暴飲暴食をする

食物からブドウ糖を生成する際、その量が過剰だと血糖値の上昇し、 上がりすぎた血糖値を下げるために、膵臓よりインスリンが 通常より多く分泌されるので膵臓が疲弊します。 また飲酒は膵臓の機能を低下させてしまうので、更に負荷がかかり 内臓脂肪を蓄積させやすくなって、最終的にインスリンの作用が低下します。

ストレス

ストレスを感じることで体内に血糖値を上げるホルモンが 大量に分泌され、インスリンに対する体の反応が低下したり分泌量自体が減ってしまいます。

運動不足

体を動かすことで消費されるはずのブドウ糖が、 運動をしないと体内に残り血糖値が上昇してしまいます。 血糖値が上昇した状態が続くことでインスリンに対する体の反応が低下します。

運動不足

上記の中でも「暴飲暴食・ストレス・運動不足」は『糖尿病の3大原因』と言われており 特に注意が必要です。 さらに血縁者に糖尿病患者がいる場合は糖尿病の発症率がさらに上がるので 血糖値のコントロールに気を付けながら生活をするようにしましょう。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

FAXでのお問い合わせ
  • FAXでのお問い合わせの際は、以下の下記項目をご明記ください。
  • ・お客様氏名
  • ・電話番号
  • ・FAX番号
  • ・お問い合わせ内容

メールでのお問い合わせ
メール送信ページヘ

メールマガジン登録
糖尿病がよく分かるメールマガジン配信中
メールマガジンにご登録いただくと糖尿病解決に役立つ情報をお届けします。

詳しくはこちら

パンフレット請求
パンフレット請求
糖尿病解決のためのパンフレットを無料でお届けいたします。
パンフレット請求