糖尿病 高血圧  血糖 インスリン hbA1c 食事 症状 治療 予防 原因

0120-789-335
  • 文字サイズ変更
  • 大
  • 中
  • 小

人工透析

糖尿病腎症という合併症

  

糖尿病腎症とは?

糖尿病腎症とは、糖尿病三大合併症の一つで、腎機能が低下する病気です。 腎臓は、私達の体の中で次の働きをしています。

・体の水分を一定に保つ
・老廃物・毒素を排出する
・血液のPH値を平均に保つ
・造血ホルモンの分泌
・骨を強くする活性型ビタミンDの生産
・血圧調整するホルモンの分泌

腎機能が低下すると、一般的に次の症状をまねきます。

・むくみ
・貧血
・倦怠感

しかし、これらは、腎機能の低下と自覚しにくく、多くの場合は、腎臓の不調に気がつくことはありません。腎臓は、自覚症状が出にくい臓器であり、肝臓と同じく「沈黙の臓器」と呼ばれています。 機能低下が深刻になると、腎臓の働きを代替するものとして、透析療法もしくは腎移植が必要となります。

糖尿病腎症による透析療法

透析療法には、血液透析と腹膜透析があります。

血液透析は、週3回前後通院し、1回4~5時間程度かけて機械を使用して血液のろ過をおこないます。 腹膜透析は、自分でバック交換をおこなって透析をおこなう方法です。腹膜透析は、透析液の管理をおこなう必要があるので、現状では通院して血液透析をおこなっている方がほとんどです。

糖尿病腎症による透析療法   

透析療法中の合併症

人工透析をおこなう糖尿病患者には、腎機能低下以外にも次の症状が見られる場合があります。

・高血圧
・低血圧
・虚血性心疾患
・脳血管障害
・骨代謝異常
・網膜症
・神経障害
・閉塞性動脈硬化症

このように、糖尿病腎症のほかにも、さまざまな合併症をもちながら透析をおこないますので、その場合は、食事療法においても単なるカロリーコントロールではなく、低たんぱく食、減塩食を心がける必要があります。 そのため、患者本人の病気に対しての理解はもちろん、看護する側の知識とケアを必要とします。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

FAXでのお問い合わせ
  • FAXでのお問い合わせの際は、以下の下記項目をご明記ください。
  • ・お客様氏名
  • ・電話番号
  • ・FAX番号
  • ・お問い合わせ内容

メールでのお問い合わせ
メール送信ページヘ

メールマガジン登録
糖尿病がよく分かるメールマガジン配信中
メールマガジンにご登録いただくと糖尿病解決に役立つ情報をお届けします。

詳しくはこちら

パンフレット請求
パンフレット請求
糖尿病解決のためのパンフレットを無料でお届けいたします。
パンフレット請求